普通の航空券と格安航空券の金額を比べて見たら驚きの結果が!?

正規割引を利用するとどれくらい安くなるか

国内旅行で飛行機を利用するとき、近日のチケットを取りたいときもあればかなり先の日のチケットを取りたいときもあります。近い日の時は一般の航空会社ではあまり割引は受けられません。一応ありますがほんの少し安いくらいです。一方、90日ぐらい前であれば、正規の割引チケットがかなり割り引いて利用できます。路線や航空会社によっても異なりますが、40パーセントから50パーセントぐらい割引になるときもあります。正規割引のメリットとしては、マイルサービスを受けられる点や、繁忙期などに関係なく安く利用できるところでしょう。もちろん多くの人が利用を希望するので、早めに予約をしようとしても予約が取りにくい時もあります。予定変更をするときも注意しないといけません。

一般の航空会社とツアーやLCCとの比較

航空券を買う方法として、一般の航空会社分は直接その航空会社から買う方法と旅行会社から買う方法があります。旅行会社から買うと安く購入できるので格安航空券といわれます。それ以外には、LCCの利用があります。一般の航空会社に比べるとかなり安くなりますが、その分サービスはオプション料が必要になります。オプションを追加するとそれなりに高くなるので注意が必要です。航路にもよりますが、一般の航空会社の普通航空券に比べると、格安航空券の方が2分の1や3分の1ぐらいにまで安くなるときがあります。ただし、繁忙期などはあまり安くなりません。また、LCCなどは席が埋まってくるとどんどん価格が上がります。早めに予約すれば、安い料金で利用できます。

正規料金より安値で入手できる航空券のうち、航空会社がツアー用に用意した航空券が格安航空券です。飛行機遅延や欠航等の際は自己負担になる一面もありますが最大の魅力は金額。旅行もお手軽になるかもしれません。